ヴェオリアニュークリアソリューションズのトリチウム除去システム試作機が商業用の国際即応基準値を上回る

ヴェオリアニュークリアソリューションズのトリチウム除去システム試作機は、設計目標をクリアしつつ商業用の国際的基準値を上回り、産業用途に幅広く適していることが確認されました。モジュール型脱トリチウムシステム® (MDS®)と呼ばれるこの試作技術は、放射性同位体のトリチウムを管理するもので、各国の原子力施設にとって有効で新たなツールとなります。

 

Tritium (3H)

MDS® は、国際的ガイドラインに基づく技術即応レベル6 (TRL-6)を達成し、確実に商業利用できる状態になってきています。技術即応試験は、米国エネルギー省技術即応評価ガイドラインの共同執筆者であり、米国科学アカデミーの審査員を委員長とする国際的な専門家グループによって実施されました。

MDS®は、広範囲な初期汚染レベルでの実際の性能とコストを知るために、本格的な触媒交換カラムを備えた市販前のトリチウム除去システムを製作して設計されています。モジュール設計により、システムは簡単に拡張でき、1日あたり数立方メートルから400m³/日以上の処理をすることができます。

MDS®試作機は4月中旬に試運転を完了しました。それ以降、ヴェオリアニュークリアソリューションズは試作機の最適化を行い、大幅なコスト削減と除染効果をもたらしました。これは、最初のトリチウム除染目標の3倍以上になります。この結果により、当初の予定よりコラムを短くすることができました。さらに最適化と試験を実施し、カラムの処理能力が設計目標を上回ることを確認した。最適化により、MDS®システムの初期費用も下げることができました。

試験は、国際的に認証された技術即応評価ガイドライン(TRA)に基づき実施されました。このガイドラインは、米国航空宇宙局(NASA)が独自に開発し、米国エネルギー省(US DOE)、英国原子力廃止措置機関(UK NDA)および他の主要機関によって、有望な新技術の商業的実行可能性を評価する調達ツールとして原子力用途のために修正されたものになります。TRAガイドラインに基づいてMDS®試作機の技術即応レベルを評価するために、国際的な専門家委員会が開かれました。

TRA委員会は、米国DOE TRAガイドラインの共同執筆者と米国国立科学アカデミー(US NAS)の検閲者が議長を務め、米国サバンナリバー国立研究所(US SRNL)と英国原子力研究所(UK NNL)の科学者、米国パシフィックノースウエスト国立研究所(US PNNL)の元プログラムマネージャーとディレクター、およびTRAプロセスを米国DOEに紹介したDOE環境管理プログラム(DOE-EM)の元事務次官が参加しました。

TRA委員会は、MDS®技術成熟プログラムとTRAガイドラインに対する結果をレビューし、システムが技術即応レベル6(TRL-6)であると結論付けました。TRL-6とは、適切に制御された環境下で十分な忠実性を有する成熟度の基準値のことで、エンジニアリング設計と経済的な見積もりを支援し、技術が確実に商業展開できる状態にあるということを意味しています。

ヴェオリアニュークリアソリューションズは、性能とコストをさらに向上させることを目標に、最適化と試験プログラムを継続しています。