EDFとVEOLIAが原子力発電所の廃炉と放射性廃棄物処理に関するパートナー​契約を締結

PDF
EDF and Veolia conclude a partnership (215.12 KB)

2018年6月26日、EDFとVEOLIAはフランス及び世界中で、ガス冷却炉(天然ウラン黒鉛ガス、フランス語でUNGG)の解体と放射性廃棄物のガラス固化のための遠隔制御装置を共同開発するためのパートナー契約を締結した。

EDFは現在、ビュジェイ(フランスのアン県)、シノン(アンドル・エ・ロワール県)、及びサンロラン・デゾー(ロワール・エ・シェール県)で6基のガス冷却炉を廃止措置中である。これらの複雑なプロジェクト全てで、既に重要なマイルストーンを達成済みであり、EDFはこれらの原子力施設を可能な限り最短の期間で解体する事を目標としている。従って、Veoliaはガス冷却炉の炉心に接近し、安全かつ確実な最適の条件で機器を切断し、取り出すための革新的な手法を設計し、提供すべく、遠隔操作技術(ロボット)の経験をEDFに提供することになる。

これと並行して、EDFとVEOLIAはVEOLIAのGeoMelt®技術を使用する低・中レベル廃棄物のガラス固化のための工業技術の開発に取り組む予定である。この技術は放射性廃棄物に理想的に適合し、放射性廃棄物をガラス基材中で固定化するため、輸送と貯蔵が容易な、安定した耐久性のある廃棄体が得られる。

両社の目標はこれらのロボット技術とガラス固化技術を工業的に実行に移し、共同で商業的に運用する事にある。

EDFのJean-Bernard Lévy会長兼最高経営責任者は次のように述べた。「当社はVEOLIAとこの契約を調印したことを誇りに思う。これは廃止措置と放射性廃棄物管理における中心的存在となるというEDFの決意をはっきりと示すものである。このパートナーシップは、各々のノウハウを成功する産業分野の開発のために出し合うというEDFとVEOLIAの希望の明白な証拠でもある」。

 

 VEOLIAのAntoine Frérot会長兼最高経営責任者は次のように発表した。「私は世界的に認められ、それぞれの分野で非常に高いレベルの専門知識を持つ2つのキープレーヤーである、EDFとVEOLIAがこのパートナーシップを締結した事を喜んでいる。われわれの協力は時間とともに成長するものと期待され、環境的に最も機微な廃棄物の処理と環境保護に関する各社のビジョンと熱望が如何に強いものであるか証明するものである」。

この報道発表は認証済みである。その信憑性はmedias.edfで確認することができる。

EDFに関する背景情報EDFに関する背景情報

EDFグループはエネルギーの移行における中心的存在であり、発電、送電、配電、エネルギーの供給と取引、エネルギーサービスという事業のあらゆる分野で活動している総合電力会社である。同グループは低炭素排出エネルギーにおける世界的なリーダーであり、原子力発電、水力発電、新しい再生可能エネルギー、及び火力エネルギーに基づく多様な発電ミックスを開発している。同グループは約3,510万人の顧客へのエネルギーとサービスの供給に従事し、そのうち2,650万人の顧客をフランスに擁する。同グループは2017年に700億ユーロの連結売上げを計上した。EDFはパリ証券取引所に上場している。

Veoliaに関する背景情報

Veoliaグループは最適化された資源管理における世界のリーダーである。同グループは5大陸全てで事業を行い、169,000名の社員を擁し、地域社会と産業界の持続可能な発展を促進する水、廃棄物及びエネルギーの管理手法を設計し、実行に移している。Veoliaはその3つの補完的な事業活動を通じて、資源の利用を高め、既存の資源を保護し、補充するために活動している。2017年、Veoliaグループは9,600万人に飲用水を供給し、6,200万人に下水処理サービスを提供し、5,500万メガワット時近くのエネルギーを生産し、4,700万トンの廃棄物を転換した。2017年、Veolia Environnement(パリ・ユーロネクストに上場:VIE)は251億2,000万ユーロの連結売上高を計上した。


Contacts 

EDF 
Press: +33 (0)1 40 42 40 37
Analysts et Investors +33 (0)1 40 42 40 38

VEOLIA
Press : +33 (0)6 25 09 14 25
Analysts et Investors +33 (0)1 85 57 84 76/ 84 80